「金払ってるんだからいいだろ」思考が大っ嫌い

「金出してんだからいいだろ」って偉そうに言う奴

この手の人間が一番嫌いで、
なんて心が寂しい人間なんだろうと思ってます。

友達になりたくないパターンNo.1です。

漫画、パソコン、ゲーム、家電、家具、服

どんなものにも制作の裏側には人間がいるってことを蔑ろにしてる人が嫌い。

どういう親に躾けられたらそういう思考回路になるの?って思ってるし、

「金払ってるんだからいいじゃん」

が一番体よく使われるのは外食のときですかね。

それ言って平気で飯を残す奴も大嫌い。

飯を残す奴がこの世で一番嫌いかもしれん。

大盛り頼んどいで平気で残したまま「行こうか」とか言う奴もいるし、

もともとあんまり食べられないんなら頼む時に「少なめで」って言えばいい。

これは偽善者記事です。

そういうのが嫌いな人は読まないほうがいいですよ。不快になると思うから。

というより、偽善者が嫌いだった自分が、全く逆の思考回路になるキッカケの話かな。

(※ホントは前の記事に一緒に書こうと思ってて独立させたのでちょっと支離滅裂)

スポンサーリンク

雑誌のアンケートとファンレターにまつわる話

手紙

現状やらなきゃいけないこと
・1日1記事
・新サイト作成
・過去記事を全部メンテしてアフィリリンクを貼る
・某エロゲーをクリアして早く感想を送る

自分の漫画の読み方ってね

ブログに感想書く→ファンレター書くまでがセットなんです。

だから、ブログに書いたのとおんなじことを手書きでも書くんです。。

おんなじことをもっかい書くんです。。

いつも10枚くらいいくから、それだけでもすごい時間かかるんです。。

3時間くらいかな・・・

BL業界は狭いから、

1通のアンケート手紙連載の続行/続編の決定を左右するんです。

一度社会経験をしたほうが良いとは言うけれど
今アフィリとか会社やってる人もよくそう言いますけど その「一度」で取り返しがつかなくなったらどうするんですか? それで鬱病にされ...

↑でも書いたんだけど、鬱病になって会社辞めてからじゃ遅いじゃないですか?

漫画や小説も同じで、何も反応がなく作家が筆を取るのやめてからじゃ遅いんですよ。

漫画家っていっぱいファンレターもらってるんでしょ?自分が出さなくても、、って思うじゃん?

全然もらってないからね。

この件に関しては、

みんな好きな作家がいるならもっと応援したほうがいい。
筆をとるのやめてからじゃ遅い。

ってことをずっと言い続けてきたので、おかげで書くようになったって話をすごくよく聞くようになり、
それはすごくよかったなと自分でも思っていることです。

ゲーム/小説/漫画は月にものすごい量が出るから、

購入者にとっては消化物だ。

けど、その裏に人間がいるってことを忘れないほうがいい。

この件に関しては自分がすごく完璧を目指しちゃうので「できたらいいや」じゃなくて自分の中で絶対やらなきゃダメだという事項にしてるので

結構しんどくなっちゃうときもあるんですね。。

好きで書いてる。

けど、どうしても時間とのバランスが取れず、そのバランスが取れない自分の無能さにイライラしてきちゃうのね。

ついでに字も死ぬほどヘタクソすぎてイライラしてくるし。

image

多分、ブログだけ書くだけとどっちかだったらあんまりしんどさはないと思うんだけど。。

自分が発信者であり、「あなたがきっかけで~」って声をもらってる以上、
自分が率先してやるべきだと思うし、「目指すべき人」になるべきだと思ってる。

だって、「早起きしなきゃしたほうがいいよーw」って言ってる奴が毎日12時に起きてたら説得力ないでしょ?

それと同じことなので。

発信してるからには自分が一番にやらなきゃって気持ちもある。(けど無理やりじゃなくて好きでやっているので、そこのバランスはうまく取れていると思う。プレッシャーに押し潰されるとかではない)

あとマイナー雑誌は誰もアンケートを送る人がいないので、読者プレゼントに高確率で当たります。

自分の友達毎号テレホンカード当たってたから。

こういうことを言うと

日本では必ず偽善者って言われるので(自分も数年前だったら思っていた)

今も、腐ブログでこういうことを書いた記事を投稿したときもものすごくしんどく、

生きた心地がしなかったんですが、

結果的に好意的に受け止めてもらえて、この記事のガチファンですって言ってくれる人もいて、
投稿して本当によかったと思ってます。

そして、自分は今までは、やっぱり

「金出してんだからいいだろ」
「買うだけでありがたいと思えよ」

と思う側だった。

けど、ブログをやることにより、ブログがありがたいことに作家さんの目にも入るようになり、

作家さんの生の声を聞くようになったんです。

それが自分の意識を180度変えた。

だから、自分はブログを始めて本当によかったと思ってます。

自分の考え方を変えてくれてありがとうって思うし、変われてよかったなと思います。

声豚フォロワーエピソード

ずっと前のツイッターアカウントで

エロゲ声優にずっと

「××の@@ちゃんの演技最高でした!」

って毎回リプ送ってるフォロワーがいたのね。

その時、自分は

「こいつ気持ち悪いな。声優に媚売って仲良くなりたいの?」

と思ってました。

自分のツイッター上・ブログ上だけで批評していることが、一番スマートで、かっこいいと思ってた。

でも、今思えばその人はこういうことがわかってて、積極的に声かけるようにしてたのかなと思うし、

本人(製作者)に伝える重要さを知っていた。

それがどれだけ声優の勇気に、励みになっただろうと思うし、

実際やっぱりニッチなところだったし、みんな恥ずかしがって、直リプしてる人はあまりいなかったよね。

「自分なんかが話しかけちゃいけない」って思ってる人が多すぎる。

同じ人間だよ。

漫画でもゲームでも映画でも、すごく感動した、面白かったって感じることあると思うけど

それを作者/役者本人に伝えないのはもったいないと思いませんか?

直接本人に伝えなくて、誰に伝えるの?

自分はもうそれ以外の考え方はできなくなった。

中古問題エピソード

10年くらい前、自分は1円でも安ければ中古を買っていた。

しかし、当時のライブで知り合った友達が、ゲームをいつも新品で買っていて、

「なんで?」って聞いたら、

「新品で買わないと、メーカーにお金が入らないから」と言っていた。

自分に好きなジャンルが永続的に続いていく方法(?)を教えてくれたのは、

いつだって周りの同志だったと思う。

どっちも自然消滅して今は付き合いはないがw、本当に感謝してる。

スポンサーリンク