トークンエコノミーは、その価値を知ってる人の間じゃないと流行らない。

お金2.0をちょこっと読んで「自分のブログをどうやって広げるか」考えてみた。

例えばこのブログの「ちまきトークン」を作ったとする。

応援してくれる人にワイが配布したり、投げ銭してもらえるような仕組みを作ったとする。

このブログの場合、アフィリエイト関係の読者が多い=アフィリエイトやってるって時点で頭おかしいので、

必然的に意識高い層が多いのであります。

(意識高い層=今だったら仮想通貨、アフィリエイト、投資や新しいテクノロジーを積極的に調べたり実行している人のこと)

実際に、このブログにBTC投げ銭してくれた方がいました。

現在、このブログにこういったものをさりげなく置いているのですが、 さっき、また全体的に相場が下がってきたので指値注文入れまくっ...

そういう人たちは説明しなくてももうわかってくれるので、

仕組みを1から説明しなくても、「こういうのやりまーす」って言っただけで、

「ちまきトークン」はそこそこ活性化して、ワイも法定通貨に換金して余裕ある生活ができるとします。

スポンサーリンク

ところが腐ブログでそれをやろうとすると

一気に「宗教」「詐欺」「怪しい」という雰囲気が出てくるから不思議だ。

なにそれ??なに始めたの?ブログ誰かに乗っ取られたの?変な宗教にハマったの?詐欺??と思って、みんな「腐ブログトークン」を買わないだろう。

また、「前まで好きだったのに、変なことをやり始めた」ってファンが離れていくことにも繋がります。←ここがすごく難しい

こういった「トークン」「ビットコイン」当たり前の世界になってからじゃないと、「腐ブログトークン」は始められないのである。

それにきっと、著作権違反してるくせに変な金稼ごうとしてんのか!みたいなヤジが絶対飛んでくる。

それこそ、「ブログランキング」並に自然にクリックするのと同じくらいまで浸透しないと無理だろうな。

ほんと、「当たり前」にならないとやりようがないってことです

当たり前になってから始める=すでにオワコンのことが多い

でも、「価値主義」ってお金みたいに時間が経つにつれて価値が下がる(インフレの場合)とかじゃないので、

こればっかりは「オワコン」に当てはまらないかもしれないけどね・・・

「当たり前」の世界になってみないとわかんないですね。

イケハヤのところなんか、そういう「意識高い」層が集まるからすごくいいですよね。

VALUでも仮想通貨でもなんでも、人を集めることができる。

お金2.0でも「好きなもので生きていける」みたいなことが書かれてるわけですが、今の自分の現状だとそれなりに嘘だと思いますw

こうして書いてみると、どんだけ金稼げない趣味なんだろうね自分・・・w

あー、今から生まれる子や今10歳くらいの子がうらやましー!

自分もあと10年遅く生まれたかったなあ。

今のYoutuberとかは「若いからこそ稼げるとも言える」っていう意見をツイッターで見たんだけど、確かにそうですね。

50歳、60歳のインフルエンサー(or面白いことやってる人)ってあんまり見ないし、大半が的外れなことやって日の目を見る前に去っていく人が多いみたいなイメージw

若い子の感性には勝てないね・・・おっさんってだけで大幅なハンデで悲しくなるわあ

本当、普通に働くのが嫌だったら、プライドを捨てて若い子に教えを請い、新しいものに敏感でなきゃならないですね。(先行投資利益はウマウマだから)

ミゾイさんみたいなコンピューターおばあちゃん・おじいちゃんもっと出てくればいいのにねえ。

スポンサーリンク

フォローする